誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

反射神経を上手に使って便秘を予防

 

人間は、胃・結腸反射、姿勢・結腸反射(起立反射)、視覚反射という3つの神経反射を使って、毎朝、快便するようになっています。この3つの神経反射をうまく働かせることが、便秘を防ぐコツです。

 

本来、人間は便秘になるようにはつくられていません。毎朝、便意を感じ、排便が起こるように働く、胃・結腸反射、姿勢・結腸反射、姿勢・結腸反射(起立反射)、視覚反射という3つの神経反射が備わっているからです。そして、特殊な病気がないかぎり、どんな人にも程度の差はあってもこの3つの神経反射は必ず見られます。
ですから、もともと人間がもっているこれらの反射神経を利用することが、もっとも自然な便秘の予防になるのです。

 

朝食をきちんと食べる

朝起きて、空っぽの胃の中に食べ物が入ってくると、その刺激により腸が動き出します。これを「胃・結腸反射」といいます。胃・結腸反射は、食事のたびに起こりますが、胃が空っぽの時間が長ければ長いほど、また、食事の量が多ければ多いほど活発になります。

 

また、朝、目覚めて、起きて立ち上がると、その刺激で大腸の蠕動運動が始まります。これを「
姿勢・結腸反射(起立反射)」といいます。朝は、この胃・姿勢反射が最も強く起こりやすいときです。ですから、朝起きたら、ある程度ボリュームのある食事を毎日きちんととることが必要です。

 

また、便をやわらかくしようと、水やお茶をガブガブ飲む人がいますが、胃酸の分泌を低下させて食欲不振をまねき、排便が不規則になることがあります。もっとも効果的な水分のとり方は、起床時に冷たい水やお茶をゆっくりと飲むことです。便に水分を与えると同時に、「胃・結腸反射」を起こす効果があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便意はがまんしない
便意を感じたら、がまんしないでトイレに行って排便することが、肛門に負担をかけず、痔にならない健康法です。
理想の便
便秘や下痢に悩んでいる人は、「排便できたか、できないか」ということばかりを気にして、肝心の自分の便かどのような状態なのか、あまり関心はないものです。排便のときに便の状態を観察すると、便から自分の健康状態を知ることができます。
排便のメカニズム
大腸が動いて、便がS状結腸から直腸へ送られるには、3つの神経反射が必要です。
理想的なのは赤ちゃんの腸
便秘も下痢もしないで、毎日、ねり歯みがきのようなやわらかさの便をする…… つまり、腸がいちばん丈夫なのはおっぱいを飲んでいる赤ちゃんです。
生活習慣の乱れが引き起こす便秘
便秘になる原因は、食生活やストレス、運動不足などいろいろ考えられますが、まず「便意を見のがす」ことがあげられます。「時間がないから」と忙しさにまぎれてトイレに行きそこなったり、痔の痛みのためにトイレに行くのをがまんしているうちに、便意そのものを感じなくなってしまうのです。
下剤を飲むときには医師の処方に従う
下剤は、便秘を解消するときの最後の手段です。薬局で下剤を買ってきて、素人判断でかってに飲んではいけません。必ず医師の処方のもとに、下剤を使うようにしてください。
慢性の下痢症も痔の大敵
下痢のなかでいちばん多いのは、食べすぎや寝冷えで起こる一過性のもので、これは、ほうっておいても治ることが多いので心配はいりません。痔の原因となるのは慢性の下痢症です。
便秘と下痢の予防法
食物繊維は、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素とともに、生命を維持し健康を促進させる重要な物質です。人間の消化酵素ではとけない食物繊維は、便秘を防ぐためにはなくてはならないものなのです。
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維
食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。
便を柔らかくする
理想的な便のかたさは、チューブ入りのねり歯みがきのようなやわらかさと説明しましたが、それでは、かたい便を柔らかくするにはどうしたらよいのでしょうか。たくさん水を飲めばよいのでしょうか。
ビフィズス菌で便秘と下痢を解消
腸内最近のバランスがくずれて悪玉菌が増えると、便秘や下痢を起こしやすくなります。腸内の健康を保つには、善玉ビフィズス菌を増やす乳糖やオリゴ糖、食物繊維が豊富な食品をたくさんとることが必要です。
赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ
私たちのなかで、便秘も下痢もしにくく、腸がいちばん丈夫な人はどういう人でしょうか。その人は、オッパイを飲んでいる赤ちゃんです。赤ちゃんが便秘や下痢を繰り返していたら。栄養が十分とれず、生命にかかわる重大な問題になります。
ビフィズス菌が増えると老化も発がんも抑えられる
生まれつき肝臓がんになりやすい実験用のネズミを飼育すると、その75%が肝臓がんになりますが、このネズミにビフィズス菌製剤を加えた餌を与えると肝臓がんになる確率が46%まで低下します。人間では、ビフィズス菌製剤を投与すると膀胱がんの再発が30%低下するという報告があります。
ビフィズス菌を減らす危険因子
逆にビフィズス菌を減らしてしまう危険因子もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る