誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

便秘と下痢、予防のために重要なこと

 

便秘になると、発がん物質や老廃物を含んた便が長時間、腸内にとどまるので腸内菌のバランスがくずれ、有害ガスが発生するなど健康を乱します。また。かたくなった便が、肛門を傷つけ、痔の原因をつくります。

 

痔の最大の原因は便秘と下痢

 

痔になったり、痔を悪化させる危険因子は「肛門の炎症」です。そして肛門の炎症を起こす原因のなかで、もっとも痔を悪化させるものが「排便のコントロール異常」、すなわち便通の異常(便秘と下痢)です。とくに便秘は、痔になる最大の原因です。

 

便は、もともと強いアルカリ性の老廃物なので、たとえば便を皮膚に塗っておくと赤くただれて炎症を起こしてしまいます。このような強い刺激物である便が、長い間、人間の体の中に入っていれば、健康に悪影響をもたらすことはいうまでもありません。

 

便秘になると、かたい便が肛門の粘膜を強くこするので傷がつき、その傷口から細菌が入って炎症を起こすようになります.また、なかなか排便できないのでトイレの時間が長くなり、その間、かたい便を出すために必要以上におなかに力を入れていきみます。

 

このときには腹圧は200mm/Hg以上にもなります。これは脳の血管なら破れてしまうような高い圧なので、肛門の周囲の血管の負担となって、痔を誘発するようになります。したがって、便秘にならないことが、痔を発生させず、悪化させない最大のホイントになるのです。また、下痢のときの水様便も、通過するときに肛門粘膜に便がしみこむので、炎症を起こしやすくなります。

 

最近、増えている病気に、精神的なストレスや不安が原因となって胃腸の働きをコントロールしている自律神経(交感神経と副交感神経)と腸壁神経系の働きが乱れ、下痢や便秘を交互に繰り返す過敏性腸症候群があります。

 

以前は、過敏性大腸症候群といわれましたが、大腸だけではなく胃や小腸にも機能の異常があらわれることから過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。
この場合、精神的なストレスが原因の便通異常なので、下痢止めや下剤などの薬をなるべく使わずに生活環境を改善して、ストレスの原因をとり除くことで治します。

 

便秘と下痢、予防のために重要なこと記事一覧

便意はがまんしない

便意を感じたら、がまんしないでトイレに行って排便することが、肛門に負担をかけず、痔にならない健康法です。それでは、便意はどうして起こるのでしょうか。便意のメカニズムを理解しておくと、どのようにすれば毎朝、便意が起こり、スムーズに排便ができるのかわかるようになります。便意は、大腸のS状結腸に貯蔵されて...

≫続きを読む

 

理想の便

便秘や下痢に悩んでいる人は、「排便できたか、できないか」ということばかりを気にして、肝心の自分の便かどのような状態なのか、あまり関心はないものです。排便のときに便の状態を観察すると、便から自分の健康状態を知ることができます。痔にかぎったことではありませんが、便にはいろいろな病気のサインが出ていること...

≫続きを読む

 

排便のメカニズム

大腸が動いて、便がS状結腸から直腸へ送られるには、3つの神経反射が必要です。胃・結腸反射からっぽな胃に食べ物が入って胃がふくらむと、その刺激が自律神経を通じて大腸に伝わり、大腸が蠕動運動を起こすので便意を感じます。これを胃・結腸反射といいます。姿勢・結腸反射(起立反射)横になって寝ていた人間が立ち上...

≫続きを読む

 

理想的なのは赤ちゃんの腸

便秘も下痢もしないで、毎日、ねり歯みがきのようなやわらかさの便をする…… つまり、腸がいちばん丈夫なのはおっぱいを飲んでいる赤ちゃんです。もし、赤ちゃんが3日間も便秘したり、下痢が続いたりしたら、お母さんはびっくりして赤ちゃんを医者に連れて行くでしょう。赤ちゃんにとって、便秘や下痢をすることは生命に...

≫続きを読む

 

生活習慣の乱れが引き起こす便秘

便秘には、単純性便秘(一過性便秘)と常習性便秘(習慣性便秘)があります。単純性便秘は、旅行中は緊張してお通じがなかったものの、帰宅したらあった、というような生活のリズムが変わったために起こる一時的な便秘のことで、ほとんど心配はいりません。日本内科学会の便秘の定義は、3日以上排便がないか、毎日、排便が...

≫続きを読む

 

下剤を飲むときには医師の処方に従う

「便秘のときは、下剤を飲めばよい」これは正解でしょうか。いえ、間違いです。下剤には副作用があり、下剤を飲まないと便が出なくなる依存症になることがあるからです。下剤は、便秘を解消するときの最後の手段です。薬局で下剤を買ってきて、素人判断でかってに飲んではいけません。必ず医師の処方のもとに、下剤を使うよ...

≫続きを読む

 

慢性の下痢症も痔の大敵

これまでに説明したように、下痢も慢性化すると痔をつくる大きな一因になります。下痢をすることで肛門の粘膜が炎症を起こし、内痔核や裂肛になりやすくなります。また、下痢便が肛門腺窩に勢いよく入ると、痔瘻の原因になります。下痢のなかでいちばん多いのは、食べすぎや寝冷えで起こる一過性のもので、これは、ほうって...

≫続きを読む

 

便秘と下痢の予防法

食物繊維は、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素とともに、生命を維持し健康を促進させる重要な物質です。人間の消化酵素ではとけない食物繊維は、便秘を防ぐためにはなくてはならないものなのです。腸に問題がない時便秘を解消するいちばんの方法は、食物繊維を多くとることです。食物繊維は、人...

≫続きを読む

 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維はセルロース、ヘミセルロース、リグニン、キチンなどで、最初の3つは植物の細胞壁の成分で、豆類、きのこ類、穀類、いも類などに多く含まれています。キチンは、エビやカニの殻の成分です。水溶性食物繊維は、ペ...

≫続きを読む

 

便を柔らかくする

理想的な便のかたさは、チューブ入りのねり歯みがきのようなやわらかさと説明しましたが、それでは、かたい便を柔らかくするにはどうしたらよいのでしょうか。たくさん水を飲めばよいのでしょうか。じつは、1日に腸に流れ込む水分の量は、唾液、胃液、胆汁、膵液、腸液などの消化液だけでも合計すると約10リットルにもな...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌で便秘と下痢を解消

腸内最近のバランスがくずれて悪玉菌が増えると、便秘や下痢を起こしやすくなります。腸内の健康を保つには、善玉ビフィズス菌を増やす乳糖やオリゴ糖、食物繊維が豊富な食品をたくさんとることが必要です。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がある腸内細菌は。人間の小腸と大腸にすんでいる細菌のことで100兆個のおびただし...

≫続きを読む

 

赤ちゃんが便秘も下痢もしにくいのはビフィズス菌のおかげ

私たちのなかで、便秘も下痢もしにくく、腸がいちばん丈夫な人はどういう人でしょうか。その人は、オッパイを飲んでいる赤ちゃんです。赤ちゃんが便秘や下痢を繰り返していたら。栄養が十分とれず、生命にかかわる重大な問題になります。なぜ、赤ちゃんの腸は丈夫なのでしょうか。それは、オッパイを飲んでいる赤ちゃんの腸...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌が増えると老化も発がんも抑えられる

ネズミに与えている餌にヨーグルトを14%添加すると、ネズミの平均寿命が8%ものびます(荒井ら:1980年)。また、ネズミの死因で、ガンの発生と腎臓の障害によろものは明らかに低下しました。ヨーグルト入りの餌を食べていたネズミの腸内フローラは、ふつうの餌を食べていたネズミのそれよりも善玉ビフィズス菌が約...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌を減らす危険因子

ストレスNASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によると、宇宙飛行士にストレスを与えると、腸内の善玉ビフィズス菌が著しく減少し、下痢や便秘を引き起こします。無重力の宇宙船の中で下痢をしたら大変なことになります。現代社会では、私たち一般人も宇宙飛行士に劣らないストレスに身をさらしているので、ストレスがビフ...

≫続きを読む

 

反射神経を上手に使って便秘を予防

人間は、胃・結腸反射、姿勢・結腸反射(起立反射)、視覚反射という3つの神経反射を使って、毎朝、快便するようになっています。この3つの神経反射をうまく働かせることが、便秘を防ぐコツです。本来、人間は便秘になるようにはつくられていません。毎朝、便意を感じ、排便が起こるように働く、胃・結腸反射、姿勢・結腸...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る