誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

妊娠、出産後の痔のケア

 

妊娠と出産を経験すると、痔になったり、痔を悪化させることが多<なります。
妊娠してだんだん胎児か成長してくると、子宮が大きくなって骨盤の中に下がり、内腸骨静脈という、肛門から下大静脈に戻る血管を圧迫するので、肛門の動静脈叢がうっ血して炎症を起こし、内痔核ができます。

 

妊娠するとホルモンのバランスが変わり、運動不足になりがちなので、便秘になりやすくなります。また、妊娠後期では、大きくなった子宮が直腸を圧迫するので便秘になります。

 

妊娠中の便秘対策は、まず、食物繊維の多い食べ物をとることから始めてください。それによって、妊娠中の肥満も防ぐことができます。

 

それでも便秘が解消しないときには、主治医とよく相談して下剤や軟便剤を用いて、慎重に便通をととのえるようにします。

 

痔があるときには、患部に消炎の軟膏を塗って炎症を予防します。また、まめに入浴をして血行をよくすることも大事です。

 

分娩時にいきんで痔が悪化することもあるので、痔が心配な人はあらかじめ担当医に話しておくとよいでしょう。痔の程度によっては、分娩しやすいように会陰切開をする場合もあります。

 

出産後は、赤ちゃんの世話による疲れやストレスで、痔が悪化したり便秘しやすくなります。
また、母乳育児では、体内の水分が母乳に吸収されるため、便がかたくなりやすくなります。授乳中は、水分の補給と食物繊維の豊富な食事をたっぷりととることを心がけてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便意があってからトイレに行く
痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。自然に便意があって快適に排便ができれば、痔の予防になります。
慢性の下痢も便秘の原因になる
慢性の下痢になると、排便時に水様便が肛円を通過する際に、肛門粘膜や上皮に浸透するので炎症が起こります。
同じ姿勢を長時間続けない
すわりっぱなし、立ちっぱなしという同じ姿勢を長く続けていると、足腰の筋肉が緊張して肛門がうっ血することがあります。
体の冷えには要注意
体が冷えると、肛門括約筋が緊張し、痔が痛み出すことがあります。また、寒いと、体温を逃がさないように末梢血管が収縮するので、血液の循環が悪くなり、痔が痛むことがあります。
過労やストレスをためない
最近の精神神経免疫学の研究によって、ストレスが人間の免疫能を低下させることがわかりました。反対に、よく笑ったり、リラックスすることで、免疫能が高まることもわかってきました。
アルコール、香辛料はひかえめに
香辛料のなかでも吸収されにくいとうがらしをとりすぎると、便の中に成分が残り、肛門を刺激して、痔の原因になったり、痔を悪化させることがあります。また、アルコールは、アルコールそのものが炎症を引き起こす成分なので、痔を誘発したり、悪化させる働きがあります.
痔の原因になるスポーツ
痔主の人には、あまりおすすめできないスポーツがあります。それは、瞬問的におなかに力を入れ、肛門を締めつける運動です。
無理なダイエットも痔の原因に
やせるために、いちばん手っとり早い方法は食べる量を減らすことだと考えて、朝食を抜いたり、生野菜のサラダだけですませる人がいます。このような少食を続けると便の量が少なくなるので、便秘になりやすくなります。
生理前、生理中の痔のケア
生理前や生理中には、肛門は炎症を起こしやすくなるために、症状が悪化するケーアスがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る