誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

痔を予防する日常生活のポイント

 

生活習慣病である痔を予防するには、日常生活にある痔をまねく危険因子を自分自身でとり除いていくことが必要です。これをセルフケアといい、痔だけではなく、健康を維持するための大切な考え方です。

 

「セルフケア」とは、「自分自身で、健康を維持するための生活環境をつくり出していくこと」ですぃ1999年、アメリカでは『メイョー・クリニック セルフケア・ガイド』という本がベストセラーになりました。
この本のタイトルにある「セルフケア」という健康の概念は、欧米では病気を治す手段として主流になりつつあります。
この「セルフケア」には、3つの大きなルールがあります。

 

 

病名がきちんと診断されていること

何の病気かわからなければ、セルフケアの方法は決められません「胃潰瘍と思っていたら胃がんだった、痔だと思っていたら直腸がんだった、ではセルフケアはできません。

 

セルフケアの実践方法は、きちんとしたコーチが立てた計画に沿って行われること

セルフケアは、自己流の治療法ではありません。トレーニングジムにいるインストラクターのように、専門のコーチのもとに、きちんと計画を立てて行うものです。アメリカでは、コーチとして医師、看護婦、社会療法上を想定しています。

 

セルフケアは、楽しく長続きするものにかぎる

「つらいことはイヤだし、長続きしないよ」という、いかにも欧米らしい考えかたです。 コーチはなるべく、つらくない計画を立てて、常に患者さんを励ますことに重点を置きます。
痔をセルフケアで治すには、まず、お尻に負担のかからない排泄の習慣を身につけることが第一です。そして、自分の生活習慣をチェックし、痔の原因を一つ一つ取り除いてください。

 

痔を予防する日常生活のポイント記事一覧

便意があってからトイレに行く

痔のケアで大切なのは、規則正しい便通の習慣をつけることです。自然に便意があって快適に排便ができれば、痔の予防になります。便意は、便がS状結腸から直腸に送りこまれ、直腸がその刺激でふくらんで内肛門括約筋がゆるむことにより起こります。ですから、直腸まで便がおりてこないと排便はできません。便意がないときに...

≫続きを読む

 

慢性の下痢も便秘の原因になる

慢性の下痢になると、排便時に水様便が肛門を通過する際に、肛門粘膜や上皮に浸透するので炎症が起こります。そのために裂肛になりやすく、内また、最近では、ハンディタイプの肛門洗浄剤や、スポイト式の洗浄器も痔核があるとはれ上がります。また、下痢便が歯状線を勢いよく通過するときに肛門腺窩に入りこむと、痔瘻の原...

≫続きを読む

 

同じ姿勢を長時間続けない

すわりっぱなし、立ちっぱなしという同じ姿勢を長く続けていると、足腰の筋肉が緊張して肛門がうっ血することがあります。長時間、デスクワークや車の運転をするときは、1?2時間ごとに席を立って軽く体操をするなどして、足腰の血行をよくすることが大切です。痔の手術をした人や、急に外痔核ができてはれた場合は、すわ...

≫続きを読む

 

体の冷えには要注意

体が冷えると、肛門括約筋が緊張し、痔が痛み出すことがあります。また、寒いと、体温を逃がさないように末梢血管が収縮するので、血液の循環が悪くなり、痔が痛むことがあります。デパートやコンピューター室など、エアコンが効いた部屋で長時間働く人は、夏でも体が冷えやすいので、ひざや腰に毛布をあてたり、カイロを使...

≫続きを読む

 

過労やストレスをためない

肛門は、便が通過するので、便の中の無数の細菌と接触します。ところが肛門は炎症を起こしません。これは、口や腟の中が細菌の感染に強いように、肛門にも細菌を防御する局所免疫能という抵抗力があるからです。最近の精神神経免疫学の研究によって、ストレスが人間の免疫能を低下させることがわかりました。反対に、よく笑...

≫続きを読む

 

アルコール、香辛料はひかえめに

とうがらし、こしょう、わさびなどの香辛料には充血を促す刺激成分が含まれています。また、香辛料のなかでも吸収されにくいとうがらしをとりすぎると、便の中に成分が残り、肛門を刺激して、痔の原因になったり、痔を悪化させることがあります。また、アルコールは、アルコールそのものが炎症を引き起こす成分なので、痔を...

≫続きを読む

 

痔の原因になるスポーツ

痔主の人には、あまりおすすめできないスポーツがあります。それは、瞬問的におなかに力を入れ、肛門を締めつける運動です。たとえば、ゴルフでクラブを振ってボールを打つ瞬間には、お尻にギュッと力が入るので肛門がうっ血します。乗馬やサイクリングなども、鞍やサドルをまたいで両足で体の上下の運動を支えるためにお尻...

≫続きを読む

 

無理なダイエットも痔の原因に

女性に多い便秘の原因に、無理なダイエットがあります。やせるために、いちばん手っとり早い方法は食べる量を減らすことだと考えて、朝食を抜いたり、生野菜のサラダだけですませる人がいます。このような少食を続けると便の量が少なくなるので、便秘になりやすくなります。野菜サラダというと、なんとなく食物繊維が多そう...

≫続きを読む

 

妊娠、出産後の痔のケア

妊娠と出産を経験すると、痔になったり、痔を悪化させることが多<なります。妊娠してだんだん胎児か成長してくると、子宮が大きくなって骨盤の中に下がり、内腸骨静脈という、肛門から下大静脈に戻る血管を圧迫するので、肛門の動静脈叢がうっ血して炎症を起こし、内痔核ができます。妊娠するとホルモンのバランスが変わり...

≫続きを読む

 

生理前、生理中の痔のケア

生理前や生理中には、肛門は炎症を起こしやすくなるために、症状が悪化するケーアスがあります。生理が近づくと便秘や下痢などの排便異常が多くなるためであるとか、ホルモンのバランスが乱れるために肛門粘膜に炎症を起こすと推測されますが、詳しいことはまだわかっていません。生理が近づいたら、食生活に注意して、便秘...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る