誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

内痔核の症状

 

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったものです.自立神経が支配している肛門粘膜の領域で発生するために、通常、痛みは感じません。出血や肛門からの脱出(脱肛)によって、はじめて気づくことが多いのです。

 

動静脈叢がたれ下がる原因は、ほとんどが排便時のいきみで、強く腹圧をかけたときに動静脈叢がクッションの弾力性を保てなくなり、周囲の組織とともに肛門内にたれ下がるのです.
また、内痔核は、血液をためるスボンジのような役割をしており、見た目の痔核の大きさだけでは診断はつきにくいのが特徴です。これは、血液のうっ血の程度により、その液をためるスポンジ、つまり内痔核の大きさも変化するからです。

 

内痔核は、症状の度合いによってT度からW度までの4段階に分類されます。
 

I度……排便時に出血するが、脱出しないもの

内痔核の粘膜や結合織がまだやわらかい状態で、痔核そのものも、血液がよどんでいるだけなので、ブョブヨした状態です。そこに排便時のいきみが加わると、内痔核がふくれ上がり、かたい便がぶつかることによって、内痔核をとり囲んでいる粘膜が裂けて出血します。
出血の程度は、トイレットベーパーにつく程度のものから、血液がシューッとほとばしる「走り痔」までさまざまです.しかし、ふつうは、排便が終われば出血はおさまります.

 

U度……排便時に脱出するが、排便が終わると自然に戻る

内痔核が大きくなり、排便時のいきみで痔核が肛門の外に脱出(脱肛)してきます。
痔核が出たり入ったりしているうちに粘膜が厚くなり、結合織も多くなってくるので、だんだん裂けにくくなり、I度のときより出血量が減ることもあります。排便が終わると内痔核は自然に戻ります。

 

V度……排便時に脱出し、指で押さないと戻らないもの

内痔核がますます大きくなり、指で押さないと肛門内に戻らなくなります。また戻しかたが悪いと、一部が脱出したままとなり、うっ血して痛みが出たり、押しこむときに出血したりします.排便時だけでなく、ゴルフの最中や重いものを持ったりすると脱出することもあります。

 

W度……排便に関係なく脱出しっぱなしのもの

内痔核を手で戻してもすぐに出てきて、いつも出っぱなしの状態になります。1個の内痔核が出ることもあれば、3個、4個と出てくることもあります。
また、肛門の粘膜も痔核に引っばられて出てきます.こうなると、便がちょっとしたことで流れ出し、肛門のまわりを汚すことになります。お尻がジクジクとして、肛門の周囲の皮膚がかぶれたり、強いかゆみが出たりします。

 

 

以上の4段階のうち、T度、U度では、ライフスタイルを改善してして適切な治療をすれは、手術する必要はほとんどありません。しかし、V度を超えると手術が必要になることもあります。
また、これらの段階に関係なく、脱出した痔核を指で押しこんでも肛門に戻らなくなることがあります。これを「嵌頓痔核(かんとんじかく)」といい、痔核の根元が肛門括約筋で締めつけられ、うっ血してしまうものです。

 

痔核が肛門括約筋で締めつけられると、最初は圧力の高い動脈血だけが流れこみ、圧力の低い静脈血は戻れなくなるので、急激にうっ血します。血流はほとんど止まってしまい、痔核全体がはれ上がって表面が赤黒くなります。
しかも、肛門の外に痔核が脱出するときに、痛みを強く感じる肛門上皮もいっしょに引きずり出してしまうこともあります。

 

内痔核では、ふつう痛みを感じないのですが、嵌頓痔核では患部が大きくはれ上がり、はげしい痛みをともないます。表皮が破れると相当量の出血をともない、手術が必要になることもあります。内痔核で痛みがはげしい場合は、ほとんどがこの嵌頓痔核です.

 

【こんな症状だったら内痔核の疑い】
@最近トイレが長くなった
A排便時に痛みもないのに血がしたたり落ちた
B便の外側に血がついていた
C排便時にお尻がムズムズしてきて、いぼ痔が飛び出してきた
D肛門に何かぶら下がった感じで、痛みはないが残便感がある

 

【こんな症状だったら嵌頓痔核の疑い】
@出血は少量だが激痛が走る
A排便に関係なく出血して痛む
Bいぼが肛門から出たままで激痛が続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

痔核(いぼ痔)
便秘のときに、トイレで長時間いきんで肛門に負担をかけていると、肛門のクッション組織の血流が悪くなってうっ血したり、血管が切れて出血し、血管と結合織が肛門の中に出てくるのが痔核です。
外痔核の症状
外痔核は、肛門をクッションのように囲んでいる動静脈叢にできる血栓性動静脈炎で、血栓(血のかたまり)が原因で炎症が起こる病気です。
痔核の原因
便秘になると、排便時に強くいきむようになります。強くいきむと腹腔内圧が上昇し、腹腔壁の中の下大静脈系の血液の流れがとどこおって肛門のクッション部分の動静脈叢がうっ血します。やがてうっ血した血管がふくれて太くなりまた粘膜の下を支えている結合織がゆるんだり断裂するために、動静脈叢が肛門から脱出するようになります。
痔核の応急手当
内痔核の場合には、排便が終わると出血は止まりますから、トイレを出たら、おなかの下に座布団やクッションをあててお尻を高くし、横になって安静にします。このときに脱脂綿を丸めて肛門にあてておくと、止血効果が高まります。
裂肛(切れ痔、裂け痔)
裂肛は、肛門の外傷といってよい病気で、かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側の肛門上皮が切れて裂け、はげしく痛んだり出血したりする痔です。切れ痔、裂け痔と呼ぶこともあります。
裂肛の種類
裂肛には、単純性裂肛と慢性潰瘍性裂肛の2つのタイプがあります。
痔瘻(あな痔)
痔痩になると、うみが出る痩管という管が肛門の周囲にできるので、原因となる肛門腺と肛門腺窩を手術でとり除く必要があります。痔凄を、手術せずにほうっておくと、がんになることがあります。
痔瘻には4つのタイプがある
痔瘻は、原発巣である肛門腺からうみが進む経路によって次の4つのタイプがあります。
痔と間違えやすい肛門の病気
肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と問連えやすい病気があります。症状によっては、緊急な手術が必要な場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る