誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

痔核(いぼ痔)

 

便秘のときに、トイレで長時間いきんで肛門に負担をかけていると、肛門のクッション組織の血流が悪くなってうっ血したり、血管が切れて出血し、血管と結合織が肛門の中に出てくるのが痔核です。

 

内痔核と外痔核

 

痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一種で、血管と結合織が肛門内に盛リ上がり、たれ下がってできたもので、形がいぼに似ていることから、いぼ痔とも呼ばれています.
痔核は、できる場所によって内痔核と外痔核に分けられます。

 

肛門粘膜と肛門括約筋の間と、肛門上皮と肛門括約筋の間には、筋線維や動脈、静脈が網の目のように集まり、便やガスが漏れないようにクッションの役割をしています。とくに肛門周囲には動静脈の吻合脈が多く集まっていることから、このクッションを動静脈叢といいます。

 

便秘でいきんだりして肛門に負担をかけることを繰り返していると、クッションになっている組織の血管が切れて出血したり、血流が悪くなってうっ血することで血管周囲の結合織が増殖し、血管と結合織が肛門内にいぼのように出てくることがあります。このように肛門に出てきた動静脈叢を痔核といいます。

 

歯状線よりも内側にできた痔核を「内痔核」、外側にできた痔核を「外痔核」といい、内痔核と外痔核の性質は異なります。
また、妊娠後期になると大きくなった子宮が左右の腸骨静脈を圧迫するために、分娩時にいきむと内痔核になったり痔核の症状が悪化することがあります.

 

痔核をほうっておくと、しだいに大きくなり、やがて排便時に肛門の外に出てくる「脱肛」を起こすようになります.

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内痔核の症状
内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったものです.自立神経が支配している肛門粘膜の領域で発生するために、通常、痛みは感じません。出血や肛門からの脱出(脱肛)によって、はじめて気づくことが多いのです。
外痔核の症状
外痔核は、肛門をクッションのように囲んでいる動静脈叢にできる血栓性動静脈炎で、血栓(血のかたまり)が原因で炎症が起こる病気です。
痔核の原因
便秘になると、排便時に強くいきむようになります。強くいきむと腹腔内圧が上昇し、腹腔壁の中の下大静脈系の血液の流れがとどこおって肛門のクッション部分の動静脈叢がうっ血します。やがてうっ血した血管がふくれて太くなりまた粘膜の下を支えている結合織がゆるんだり断裂するために、動静脈叢が肛門から脱出するようになります。
痔核の応急手当
内痔核の場合には、排便が終わると出血は止まりますから、トイレを出たら、おなかの下に座布団やクッションをあててお尻を高くし、横になって安静にします。このときに脱脂綿を丸めて肛門にあてておくと、止血効果が高まります。
裂肛(切れ痔、裂け痔)
裂肛は、肛門の外傷といってよい病気で、かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側の肛門上皮が切れて裂け、はげしく痛んだり出血したりする痔です。切れ痔、裂け痔と呼ぶこともあります。
裂肛の種類
裂肛には、単純性裂肛と慢性潰瘍性裂肛の2つのタイプがあります。
痔瘻(あな痔)
痔痩になると、うみが出る痩管という管が肛門の周囲にできるので、原因となる肛門腺と肛門腺窩を手術でとり除く必要があります。痔凄を、手術せずにほうっておくと、がんになることがあります。
痔瘻には4つのタイプがある
痔瘻は、原発巣である肛門腺からうみが進む経路によって次の4つのタイプがあります。
痔と間違えやすい肛門の病気
肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と問連えやすい病気があります。症状によっては、緊急な手術が必要な場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る