誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

3大痔疾患とその他の肛門疾患

 

痔になる割合を男女別の統計でみると、男女ともに多いのが痔核でそれぞれ約60%、次いで多いのは男性では痔瘻
13%、裂肛8%で、女性では裂肛15%ヽ痔瘻3%となります。

 

「痔」はボピュラーな病気ですが、正確にいうと、医学上は「痔」という病気はないのです。痔は、肛門のいろいろな病気の総称で、単独の病気をさしているわけではないからです。
肛門は、長さがわずか3cmほどの器官ですが、病気が発生する部位によって症状がそれぞれ異なり、治療法も違います。それは、肛門が母親の胎内でできるときの発生のしかたによるものです。

 

肛門は、おなかの中からおりてきた直腸と、お尻からくばんできた皮膚がつながってできたものです。このつながった部分はギザギザした線で残っており、歯のような形をしていることから歯状線と呼ばれます。
したがって肛門管は、お尻のところでは皮膚であり、そこから歯状線までの約1 ・5cmが肛門上皮、歯状線から約1.5cmが肛門粘膜、その先が直腸の粘膜となっています。
このように肛門は、4つの皮膚と粘膜からできているために、炎症が発生した場所によって、症状が違ってくるのです。

 

 

痔を大別すると、「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔瘻(あな痔)」の3つになります。

 

 

 

このなかでもっとも多いのが痔核で、男女とも約6割が痔核です。次いで多いのは、男性では痔瘻が13%、裂肛が8%の順、女性では裂肛が15%、痔瘻が3%の順です。

 

3大痔疾患とその他の肛門疾患記事一覧

痔核(いぼ痔)

便秘のときに、トイレで長時間いきんで肛門に負担をかけていると、肛門のクッション組織の血流が悪くなってうっ血したり、血管が切れて出血し、血管と結合織が肛門の中に出てくるのが痔核です。内痔核と外痔核痔核は、肛門の周囲の動静脈にできた動静脈瘤の一種で、血管と結合織が肛門内に盛リ上がり、たれ下がってできたも...

≫続きを読む

 

内痔核の症状

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中にたれ下がったものです.自立神経が支配している肛門粘膜の領域で発生するために、通常、痛みは感じません。出血や肛門からの脱出(脱肛)によって、はじめて気づくことが多いのです。動静脈叢がたれ下がる原因は、ほとんどが排便時のいきみで、強く腹圧をか...

≫続きを読む

 

外痔核の症状

便秘などで、かたい便を無理に出そうとしていきんだりすると、豆粒大のしこりが肛門上皮にできることがあります。また、重いものを持ち上げたり、ゴルフをするときなどに、急に腹圧をかけると肛門にはげしい痛みを起こすことがあります。外痔核は、肛門をクッションのように囲んでいる動静脈叢にできる血栓性動静脈炎で、血...

≫続きを読む

 

痔核の原因

痔核は、次のような原因で起こり、悪化します。◆便秘やトイレの長い人便秘になると、排便時に強くいきむようになります。強くいきむと腹腔内圧が上昇し、腹腔壁の中の下大静脈系の血液の流れがとどこおって肛門のクッション部分の動静脈叢がうっ血します。やがてうっ血した血管がふくれて太くなりまた粘膜の下を支えている...

≫続きを読む

 

痔核の応急手当

内痔核の場合には、排便が終わると出血は止まりますから、トイレを出たら、おなかの下に座布団やクッションをあててお尻を高くし、横になって安静にします。このときに脱脂綿を丸めて肛門にあてておくと、止血効果が高まります。また、トイレでいきまないで排便ができるように、便を柔らかくする食生活を心がけ便秘を防ぐこ...

≫続きを読む

 

裂肛(切れ痔、裂け痔)

裂肛ができる肛門上皮には痛みを感じる神経があるので、便が通過したり、肛門括約筋が緊張すると傷口がこすれて、はげしく痛みます。排便時の痛みがいやで便意をがまんし、便秘になることがあります。裂肛は、肛門の外傷といってよい病気で、かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側の肛門上皮が切れて裂け、はげしく痛...

≫続きを読む

 

裂肛の種類

裂肛には、急性裂肛と慢性裂肛の2つのタイプがあります。急性裂肛便秘になって、かたい便をいきんで出したり、慢性の下痢による炎症などが原因で肛門上皮が裂けたものです。便秘の女性にみられる裂肛の大半が、このタイプです。急性裂肛では肛門上皮の再生力は残っており、その下にある肛門括約筋は傷ついていません。した...

≫続きを読む

 

痔瘻(あな痔)

痔痩になると、うみが出る痩管という管が肛門の周囲にできるので、原因となる肛門腺と肛門腺窩を手術でとり除く必要があります。痔凄を、手術せずにほうっておくと、がんになることがあります。肛門の周囲にうみがたまり、それが破れて出たあとに瘻管といううみが出るあなができる病気です。たいていは「肛門周囲膿瘍」とい...

≫続きを読む

 

痔瘻には4つのタイプがある

痔瘻は、原発巣である肛門腺からうみが進む経路によって次の4つのタイプがあります。1:皮下痔ろう 粘膜下痔瘻とも呼ばれ、発生頻度は高くありません。肛門括約筋をつらぬいていない痔瘻で、裂肛の裂け目に便がつまることにより起こる場合が多く、肛門腺が原発巣でないこともあります。2:筋間痔ろう痔瘻の60?70%...

≫続きを読む

 

痔と間違えやすい肛門の病気

肛門や肛門の周囲にできて、症状が似ていることから痔と問連えやすい病気があります。症状によっては、緊急な手術が必要な場合もあります。肛門に異常を感じたら、まず、肛門科の専門医の診察を受け、医師の指示を受けてください。痔と問連えやすい病気には、次のものがあります。幼児痔瘻生後数力月から1歳ぐらいまでの、...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る