誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

痔を放置するとどうなる?

 

痔にかぎらず、病気は放置すると症状がひどくなり、ときには命を落とすこともあります。体調に異変を感じたら、迷わずに医師の診察を受けてください。「痔と思っていたら大腸がんだった」というケースが増えています。

 

痔と混同しやすい直腸がんと大腸がん

 

「痔をほうっておいても命に別条はない」とタカをくくってそのままにしている人は少なくありません。

 

しかし、悪化してから検査をしてみたら直腸癌や大腸癌だったというケースもけっして少なくありません。とくにここ数年で日本人の直腸癌や大腸癌の罹病率が増えていて、痔だと思っていたら癌だったというケースが増加傾向にあるのです。これは、これらの癌の症状も肛門からの出血をともない、症状が似ているために痔と素人判断をしがちなためです。

 

とくに痔とのつきあいが長い人ほど、その危険性が高くなります。
それまでなんともなかった人が、急に出血したり血便が出れば、驚いて病院へかけこんで診察を受けますが、長い間、痔を繰り返している人は、出血しても、「どうせ痔が原因だろう」とほうっておくことが多いためです。

 

痔から癌になることも

 

痔瘻を放置し続けることによって肛門癌になることもあります。
肛門にできるがんには、直腸がんのように直腸の粘膜から発生するがんと、肛門の外側から発生する肛門管がんの2つがあり、痔瘻を長い間放置してできるがんは、肛門管がんです。
肛門管がんのおもな症状は、肛門の周囲がしこってかたくなり、痛みや分泌物が出てくることです。

 

肛門の痛みが長く続いたり、分泌物が出るようになったと思ったら、まず専門医に診察してもらい、あわせて直腸がんや大腸がんの検査を受けてください。

 

異常がない場合でも、40歳をすぎたら直腸がんの検査を2年に1回、定期的に受けることをおすすめします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肛門の構造
肛門は、歯状線を境にして自律神経と体性神経という別々の神経に支配されています。 したがって、痔は発症する場所によって痛みなどの症状が違ってくるのです。肛門の構造を理解することが、痔を治すことに役立ちます。
なぜ痔になるのか
人間は、2足歩行で歩くことで重い頭を支え、両手を自由に使って高度の文化と文明社会を築くことができましたが、その代償として、肛門の周辺がうっ血しやすくなり、痔という病気をかかえるようになりました。
男の痔 女の痔
男性と女性は、体の構造や生理機能に異なるところがあるために、それぞれに特有の病気や、症状のあらわれかたがあります。便秘しやすい女性に多い痔は裂肛で、男性に多いのは痔凄です。
痔を悪化させる5つの要因
痔にかぎらず、病気はそのままにしていると症状がひどくなり、ときには命を落とすこともあります。体調に異変を感じたら、早めに医師の診察を受けてください。「痔と思っていたら大腸がん」、が増えています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る