誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

男の痔 女の痔

 

男性と女性は、体の構造や生理機能に異なるところがあるために、それぞれに特有の病気や、症状のあらわれかたがあります。便秘しやすい女性に多い痔は裂肛で、男性に多いのは痔凄です。

 

便秘がちの女性は痔になりやすい?

 

痔は、男性に起こりやすい病気というイメージがありますが、痔のタイプによっては女性に多い病気なのです。男性に比べて女性のほうが羞恥心が強く、痔であることを隠す傾向が強いために、男性に比べて「隠れ痔主」であることが多くなります。

 

女性が痔になる原因としては、妊娠・出産という女性特有の大事業があることと、痔の最大の要因である便秘症が女性に多く見られることです。

 

もともと女性は男性に比べて便秘になりやすい生活環境に置かれています。
女性は仕事中や外出中に便意をもよおしてもがまんしがちですし、太りすぎを気にしてダイエットすることで、食事の量が減って便秘になりやすくなります。また、生埋前には、ホルモンの作用で腸の働きが鈍くなるので、腸の嬬動運動が弱くなって便秘になりがちです。
このようにして、便秘症になった女性がかたい便をいきんで無理に出そうとして、切れ痔(裂肛)になるケースが多いのです。

 

また、女性の場合、それまでなんともなくても、妊娠・出産後に痔になってしまう人が多いのです。妊娠中は、大きくなった子宮が直腸を圧迫するために、肛門や直腸周辺に集中している細い静脈がうっ血し、痔になりやすくなります。また、分娩のときにいきむので腹圧によって肛門が脱出し、痔になることもあります。

 

また、出産後には、腹筋がゆるむので腸が弛緩したり、母乳を与えることで水分が不足し便が固くなるので、排便の際に肛門が傷つき痔になりやすくなります。

 

 

痔瘻になるのは圧倒的に男性

 

痔の中でも、痔瘻については男性に多く見られます。特に男性の中でも、筋肉の発達した青年や壮年男性に多いという特徴があります。

 

痔瘻は、歯状線にある肛門腺窩というくぼみに便が入りこんで細菌感染する病気です。もともと肛門は、細菌の感染には強い免疫力があるので、炎症を起こすことは少ないのですが、過労などで免疫力が低下しているときに下痢状の便などが勢いよく肛門腺窩にぶつかると傷がついて感染し、肛門周囲膿瘍という病気を起こすことがあります。

 

痔痩の多くは、この肛門周囲膿瘍が深く進行したものです。
一般的に、女性より男性のほうが下痢になりやすく、また、排便のときに便が肛門腺窩にあたる力が強いことから、痔疲は男性に多くみられるのです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肛門の構造
肛門は、歯状線を境にして自律神経と体性神経という別々の神経に支配されています。 したがって、痔は発症する場所によって痛みなどの症状が違ってくるのです。肛門の構造を理解することが、痔を治すことに役立ちます。
なぜ痔になるのか
人間は、2足歩行で歩くことで重い頭を支え、両手を自由に使って高度の文化と文明社会を築くことができましたが、その代償として、肛門の周辺がうっ血しやすくなり、痔という病気をかかえるようになりました。
痔を放置するとどうなる?
痔にかぎらず、病気は放置すると症状がひどくなり、ときには命を落とすこともあります。体調に異変を感じたら、迷わずに医師の診察を受けてください。「痔と思っていたら大腸がんだった」というケースが増えています。
痔を悪化させる5つの要因
痔にかぎらず、病気はそのままにしていると症状がひどくなり、ときには命を落とすこともあります。体調に異変を感じたら、早めに医師の診察を受けてください。「痔と思っていたら大腸がん」、が増えています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る