誰にも見られずに痔を直せるなら、恥ずかしさは少しもありません。

痔は治せる - こっそり、内緒で、知られずに -

なぜ痔になるのか

 

人間は、2足歩行で歩くことで重い頭を支え、両手を自由に使って高度の文化と文明社会を築くことができましたが、その代償として、肛門の周辺がうっ血しやすくなり、痔という病気をかかえるようになりました。

 

痔とはどんな状態か

 

痔は、肛門の構造そのものがまねく病気です。
日本人の痔でいちばん多い痔核を例にとって説明すると、次のような状態です。
肛門は、周囲にある筋肉(内・外肛門括約筋)と粘膜だけではピタリと閉じることができず、約1cmのすき間ができてしまいます。
そのすき間をふさぐために、肛門の粘膜の下には、動脈や静脈の細い血管が草むらのように集まった動静脈叢や平滑筋、弾性線維などの結合織がつくるクッションと呼ばれる部位が存在します。

 

このクッションをつなぎ合わせている結合織が30歳をすぎると老化現象でくずれはじめ、断裂するようになります。そして、排便をするときにいきむと、動静脈叢の血管に約200m/hgもの圧力がかかり血管が拡張するので、断裂した結合織のすき間から動静脈叢が肛門内に突出します。これが痔核です。

 

この200m/hgという数字は、脳の血管ならば破裂してもおかしくない数字です。排便のときに強くいきむのは、ひとつには排便の習慣もありますが、ほとんどが便秘症の人です。このことから、便秘症の人に痔主が多いのです。

 

それでは、なぜ人間の肛門がこのような構造をもつようになったのでしょう。

 

進化論から見た医学的原因

 

肛門を開じるクッションを、なぜ動静脈叢でつくるようになったのかはよくわかっていません。
ただ、クッションをかたい軟骨や皮膚でつくると、毎日、肛門を通過する便が刺激となって、炎症を起こしやすくなることが考えられます。
また、肛門が炎症を起こして出血しても、周囲に動静脈叢があると血液が豊富なので、たくさんの白血球がきたない便の中の細菌を殺して化膿を防ぐことができます。

 

では、なぜ人間の肛門に痔核を発生させないためのメカニズムができなかったのでしょうか。

 

進化論では、現代人の体の構造は200万〜300万年前の人類と基本的には変わっていないと考えます。そのころの人類は草原で狩りをして食料を得ており、40歳以上まで生きることはまれでした。したがって肛門の構造も、40年以上使えるようにできていなかったのです。

 

また、排便も、野生の動物のように草原など自然のなかで自由に行ったので、現代人のようにトイレが見つかるまでがまんしたり、仕事の都合で排便を見合わせ、肛門に負担を強いることもありませんでした。

 

老化がつくる痔核

 

現代は生活環境の改善や医療の発達により、「人生80年」といわれる長寿社会になりました。そのために40年しか使えない肛門は耐用年数をはるかに超えて酷使され、また老化現象によってクッションの結合織がこわれて痔核ができるのです。

 

また、人間が進化して、四つ足歩行から2本足で歩く直立歩行に移行したことも、肛門にきびしい環境をつくりました。

 

4本足で立っている動物の脊椎は水平で、体重は4本の足に分散しているので、肛門の周囲に大きな荷重がかかりません。
ところが人間のように2本足で立つようになると、上体の体重が腰部や肛門の周辺に集中してかかるために、その周囲の筋肉や血管が収縮し、血流が悪くなってうっ血します。うっ血すると老廃物や疲労物質が排出されず、炎症を起こしやすくなり痔核を発生させるのです。

 

しかし、人間が2本足で歩くようになって得たメリットもたくさんあります。
まず、両手を自由に使えるようになったことでさまざまな道具を作り文明を築いて文化を発展させました。
また、大きく重くなった脳をしっかりと支えることができました。

 

これらの大きなメリットがあったからこそ、人間は2本足で歩く代償として腰痛と痔核を背負うことを受け入れたといえるでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肛門の構造
肛門は、歯状線を境にして自律神経と体性神経という別々の神経に支配されています。 したがって、痔は発症する場所によって痛みなどの症状が違ってくるのです。肛門の構造を理解することが、痔を治すことに役立ちます。
男の痔 女の痔
男性と女性は、体の構造や生理機能に異なるところがあるために、それぞれに特有の病気や、症状のあらわれかたがあります。便秘しやすい女性に多い痔は裂肛で、男性に多いのは痔凄です。
痔を放置するとどうなる?
痔にかぎらず、病気は放置すると症状がひどくなり、ときには命を落とすこともあります。体調に異変を感じたら、迷わずに医師の診察を受けてください。「痔と思っていたら大腸がんだった」というケースが増えています。
痔を悪化させる5つの要因
痔にかぎらず、病気はそのままにしていると症状がひどくなり、ときには命を落とすこともあります。体調に異変を感じたら、早めに医師の診察を受けてください。「痔と思っていたら大腸がん」、が増えています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痔ってなに? 3大痔疾患 痔は自力で治す

先頭へ戻る